建築土木・設計・施工・一級建築士事務所・不動産  
HOME | 問合せ  
   断熱について

   快適な住環境を求める場合、どうしても、住宅の断熱が必要になってきます。
 地球規模で温暖化が進み、将来は化石エネルギーが無くなると囁かれて、省エネルギー化を推し進めています。
   住宅でも、今まで、冬は寒いからストーブあるいは、石油ヒーターなどをたいて室内温度あげて、夏はクーラー
 やエアコンをかけて涼しく過ごしてきましたが、やはり、新省エネ基準等が定められ、国民金融公庫もその基準に
 沿う形で住宅の断熱基準が決められました。
   断熱は、外気の影響を受けにくくし、四季を通して快適な温度を維持する役目を果たします。ですから、消費燃
 料を減少でき、省エネにもなります。
   こうした住宅の断熱性能について、私の知りうる知識の範囲内で説明します。
  
 
 
     @ 断熱性能について

             1  断熱の種類
             2  内断熱工法(充填断熱)のメリット・デメリット
             3  外断熱工法(外張断熱)のメリット・デメリット
             4  断熱性能と気密性能の密接な関係
             5  高断熱を行うポイント

  
1  断熱の種類  
 
   断熱の種類には、工法の種類と使う材料の種類があり、それぞれ一長一短があります。
  まず、工法については、内断熱と外断熱の工法があります。
   内断熱工法は、一般的に使われいる工法で、土台、柱(間柱)、横架材の構造部材の間に断熱材を入れる工法
  です。材料の種類としたは、一般的に使われているのが、繊維系のグラスウールですが、その他にも、繊維系断
  熱材を砕いたものを機械で吹き付けるBIB、ウレタンの吹き付け等があります。
   外断熱工法は、柱の外部側に断熱材を張っていく工法で、断熱材で建物を包むように断熱していく事で、ポット
  の様な熱の逃げにくくした工法です。材料の種類として良く使われているのが、発泡系断熱材で、FP板とも言わ
  れています。最近では、高密度のグラスウールを外部に張ることもされています。

2  内断熱工法(充填断熱)のメリット・デメリット

   内断熱工法は、前項で書いた通り、柱と横架材の中に充填することで、断熱していくものですが、メリットとして
  材料費と施工手間を考えると、割と安価に出来ることと、外観やプランに柔軟に対応出来る点です。
  外壁側に特殊な施工も必要なく外壁の形状にも対応しやすいです。ただ、北海道の地域により、現在は柱間の中
  だけではなく、外壁側に50mm〜100出して、断熱巾を広くとって、断熱性能を上げている工務店もあります。
   デメリットとして、柱間に充填する為、施工する人がきちんと施工しなければ、隙間ができて、熱を損失したり、
  電気ボックスや配線、配管による、施工不良による、欠損がでたり、熱損失になることがあるので、施工に注意が
  必要です。又、気密工事にも影響し、充分施工後の管理が必要となるでしょう。
   これは、在来軸組工法に良く使われる工法です。
3  外断熱工法(外張断熱)のメリット・デメリット

   外断熱工法は、柱(構造体)の外側に、断熱材を施工する工法で、内側だと、梁等など、断熱施工に邪魔な部材
  がありますが、構造体の外で断熱すると、邪魔な物がなく、連続して隙間のないように、建物を断熱出来るため気
  密性に優れ、保温効果が高くなる為、暖房、冷房の効きが良くなるというメリットがあります。ただ、その反面、空気
  が動かなくなり、空気の流れを強制的に作ってやらなければならなくなります。空気の給気と排気の計画を怠ると
  生活湿度が抜けきらないで、結露したり、シックハウス成分が排出されなくなりますので、注意が必要です。
   又、内断熱工法に比べ、断熱材を張る下地作り多少割り高になります。
  これは、2×4工法に良く使われる工法です。
   最近では、内断熱工法+外断熱工法ということも行われています。
4  断熱性能と気密性能の密接な関係

   快適な生活空間を作ろうとした場合、断熱性能を高くすれば良いと考えやすいですが、それだけでは駄目で、
  気密効果があってはじめて断熱性能も活きてきます。グラスウールを例にとると、グラスウールの厚みを50mm
  から100mmに変更すると、熱抵抗を考えたときに、約2倍の効果があります。それからまた、50mm厚くして
  も4倍にはならず、約3倍程度になってきます。厚み多くお金をかけても、期待した効果が出ないこともありえます
   断熱性能の高い住宅で気密性が低いとき、室内を暖めると気密性が低い為に、外部から空気が進入してきま
  す。(空気は寒い方から暖かい方へ流れます。)これでは、いくら断熱性能が良くても、空気が流入してきて、温ま
  るものも温まりません。
   又、逆に断熱性能が低く気密性が高いときはどうでしょう?
  外部の空気は流入してきませんが、外気が低くなると断熱性能が低いために外気の温度が伝わって、いくら室内
  を暖めても、温度は外気に影響されて温度低下がおこります。又、室内側で温度が混じるために内部結露が生じ
  ます。
   これらの観点から、快適な室内空間を作ろうとした場合、どうしても、断熱性と気密性は必要不可欠なものだと
  言えるでしょう。 シンプルが一番と良く言われますが、シンプルな中にも、アクセントが必要となる事があります。
  デザインにしろ何にしろ、アクセントをつけたときは、断熱性はおちないか?気密性はどうか?再確認してみて下
  さい。
5  高断熱を行うポイント

   1.高断熱を行う場合の気を付けなければならないポイントをあげますと
      ■ 高断熱にする場合、断熱材料の特性を知り、断熱材に合った建築方法を選ぶ。
      ■ 断熱・気密は、施工の仕方によって性能が変わるので、施工時方法を検討する。
      ■ 気密施工をしっかり行なわなければ、断熱性能も維持できなくなるので、気密性の検討をする。
      ■ 開口部がら逃げる熱損失が大きいので、窓、玄関等の材料の検討をする。
      ■ 高断熱、高気密になればなるほど、湿度、臭気等が溜まり易いので、換気経路を確実に決定する。
   以上のポイントを施工業者に確認して下さい。
もっと詳しく知りたい方は
                             住宅の事でお悩みがあれば、何なりとお申し付け下さい。
                            タッフが、お伺いしベストな解決策をご提案いたします。

那知ホーム
© 2005 NACHIGUMI co . ltd All rights reservde