建築土木・設計・施工・一級建築士事務所・不動産  
HOME | 問合せ  
   換気について
   シックハウスのところでも話したとおり、換気は住宅にとって、重要な事柄です。
  最近の住宅は、高気密化が進み、新鮮な空気をとりいれ、汚れた空気を排出する為には、何らかの換気方法を、
  採用しなければならなくなってきています。
   気密化した住宅では、換気で室内の化学物質の濃度を低減させたり、高湿度になった、生活湿度を下げたり
  異臭等を排出するためには、自然の換気方法では、換気経路をうまく設計しなければ、排出されずに、住宅の中
  に残ってしまう危険もでてきます。 又、新鮮な空気をとりいれることも出来なくなり、せっかく建てた住宅で、快適

  生活出来なくなる場合があります。
   ですから、ここでは次にあげる換気の基本知識を説明したいと思います。

 
     ① 換気の基礎知識

           その1  換気回数と換気量
           その2  換気経路
           その3  換気方式

  
その1 換気回数と換気量

    換気は、室内の汚れた空気を新鮮な外気と入れ替えることですが、その効果は、室内の空気が1時間に何
   回外気と入れ替わるかで表されることが多く、この回数を
換気回数(回/h)といいます。
    また、入れ替わる空気の量を
換気量(m3/h)といいます。
     
その2 換気経路

    換気は、室内に空気がある状態で、汚れた空気を排出し、新鮮な外気と入れ替わる必要があります。 又、
   
この際、出来るだけ、汚れた空気を排出するとともに、排出された空気が再度外気として入ってくるのを防ぐ
   
必要があります。
    そこで、換気の計画をたてるためには、給気
から排出にいたるまで空気の流れ(換気経路)を考えることが
   重要になります。

その3 換気方式

    換気は、範囲に応じて「全般換気」と「局所換気」、換気方法によって「自然換気」と「機械換気」に分けられ
   ます。 又、「機械換気」の運転方法には、「連続運転」と「間欠運転」があります。
    シックハウス対策のための換気方法は、「全般換気」、「機械換気」、「連続運転」とするのが一般的です。
    また、機械換気には、給気と排気の両方、またはどちらかにファンが必要ですが、その組み合わせにより、
   「第1種換気設備」、「第2種換気設備」、「第3種換気設備」の3種類の方法に分けられます。
















   ■ 第1種換気設備

       第1種換気設備は、給気と排気の両方をファンで行うものです。給気量と排気量を確実に確保するに
      は、最も適しており、給気、排気の各々のファン能力の決め方により、室内の内部の圧力を、周辺より高
      くしたり、低くしたりすることが出来ます。 又、給気と排気をするときに、熱の交換をする、熱交換形の物
      もあります。


   ■ 第2種換気設備

       第2種換気設備は、給気ファンと排気口から成る方式です。ファンで室内に給気し、押し込まれた空気
      により室内の空気が排気口から自然に排出される換気システムです。
       気密性能の低い住宅では、壁体内への湿気の侵入により内部結露発生の危険性があることや、給気
      ファン近くの外壁から排出されてしまい給気ファンから遠い部分の換気が不十分となることがあります。
       このため、気密性能の確保を図ることが大前提となる方式です。


   ■ 第3種換気設備

       第3種換気設備は、第2種とは反対に、排気ファンと給気口から成る方式です。トイレや台所など、臭
      気、熱気、汚染空気が発生する場所に、排気ファンを設置することにより、周辺への臭気、熱気、汚染空
      気の拡散を防ぐ効果があります。
       なお、外部よりも室内の気圧の方が低くなるため、天井裏や床下、及び壁内の空気が、室内に出てく
      る場合があります。そのため、居間との間に気密層や通気止めによる対策、建材による対策、又は、天
      井裏の換気による対策が必要です。








i          住宅の事でお悩みがあれば、何なりとお申し付け下さい。
           タッフが、お伺いしベストな解決策をご提案いたします。


那知ホーム
© 2005 NACHIGUMI co . ltd All rights reservde