建築土木・設計・施工・一級建築士事務所・不動産  
HOME | 問合せ  


    工法について

工法の種類について 


 ・住宅を建てる時の工法の種類として、在来軸組
  工法、新在来軸組工法、2×4工法、その他と大
  きく分けられます。その特徴をすこし説明しておき
  ます。
 

那知ホームのスタイル 


 ◇よくお客様からは、「貴社はどういう工法で家を
  建てているんですか?」と聞かれます。

  世間一般で言われている、在来工法や2×4工
  法や、あるいはファース工法だとか、シェル工法
  など○○工法という言葉がいろいろと各ハウス
  メーカーが特色をうたって、ネーミングをつけて
  います。
   多分、その工法は、特許等の制約があって、他
  の業者は、その工法で、建てれないようになって
  います。

   ただ、那知ホームの目指しているものはちょっと
  違います。
   在来工法、2×4工法など何でも建てましょう。
  肝心なのは、お客様がどのような、生活空間を
  必要として、どういうライフスタイルで過せるのか
  を提案し、それにあった工法、建方をしていく事を
  基本としています。
   建て終わったから、「はい終わり」ではなく、建て
  終わってからの方が長く、お客様と関わっていく
  事のできる建物づくりを行っております。
   
在来軸組工法 

 
 ●在来軸組工法
  ・伝統的な日本特有の気候・風土の中で生まれ
  た工法で、柱と梁で組まれた軸で、荷重を支える
  とともに、地震、風等の横荷重に対しては、筋違
  という斜材で荷重を受け流します。ですから、柱
  梁、筋違いをバランス良く配置する事がポイント
  になる工法です。

   ただ、増築、改築する時は、わりと容易にでき
  るメリットがあります。
   デメリットとしては、スパンの大空間を作る際、
  柱が必要になる点と、気密性を高める為に工夫
  が必要になります。

   そのいろいろな、デメリットを改良した、工法も
  現在行われています。
   代表的なものが、新在来軸組工法でしょう。
  又、壁に構造用合板を張り、耐震性を、2×4
  と同じ程度まで補強した建方もされています、
  大工さんが、材料を加工するのではなく、工場
  で制度の高い加工を行う、プレカット方式で、
  組立られています。
 

 在来軸組工法


 
 
2×4工法 

 
 ●2×4工法
  ・北米から輸入された工法で、2インチ×4インチ
  の規格の材料と構造合板で、パネル化された床、
  壁、天井で荷重を支える工法です。

   枠組材は、ほぼ輸入材を使用し、2インチ×
  4インチから2インチ×10インチまで6種類ほど
  の種類が使用され、代表的な2インチ×4インチ
  を使用することから、2×4(ツーバイフォー)と呼
  ばれています。

   特に荷重を面で受け、集中的に荷重を受けない
  ことで、耐震性にすぐれ、気密性に優れてるなど
  のメリットがあります。ただ、デメリットとしては、
  壁面で荷重を受けるため、開口部は一つの面の
  4分の3までが限界です。
 
   又、増築改築する場合、壁の補強という点で、
  自由度が在来工法よりありません。
   ただ、小屋裏の活用はしやすいです。
 

2×4工法 

 
その他の工法 


 ●その他
  ・その他の工法として、良くしられているのが、
  プレハブ工法、スチール工法、鉄骨構造、コン
  クリート構造、ログハウスなどがあります。

  ・プレハブ工法は、工場であらかじめ、構造
  部材を生産し、現場で組み立てる工法です。
   プレハブ工法にも、木質系、鉄骨系、ユニット
  系、コンクリート系の4種類があり、工期短縮
  と製品管理がしやすいという点から、ハウスメ
  −カーが行っています。

  ・スチール工法は、最近でてきた工法で、鉄筋
  コンクリート造の中間仕切りで良く使われる、
  軽量鉄骨材を使用し、骨組を作っていく工法で
  木材を使用しない分、自然収縮の少ないという
  メリットがあります。
   又、だんだんと少なくなってくる木材を使用し
  ないで作られることから、地球環境にはやさしい
  といえるでしょう。
   デメリットとしては、熟練された専門職が必要
  で割り高な点です。

  ・鉄骨構造は、重量鉄骨を用いて在来軸組の
  ように柱、梁で構造体を作っていきます。
  大規模な住宅や店舗等の大空間を必要と
  する建物に適してます。
   メリットとして、間仕切りの自由度あり、開口
  も大きくとれる為、開放感ある設計ができます。
   デメリットとしては、木造系より割り高という
  ことです。

  ・コンクリート構造は、基礎と同じように、現場で
  鉄筋をくみ、型枠という枠を両面から建てて、
  その中に、コンクリートを流し込みコンクリート
  を構造体とした建物です。
   メリットは、地震に強いというのが一番、又、
  曲面も割りと容易できる為、外観意匠の表現
  に優れています。
   デメリットとして、やはり割り高です。
 
  

その他の工法 

那知ホーム
© 2005 NACHIGUMI co . ltd All rights reservde