建築土木・設計・施工・一級建築士事務所・不動産  
HOME | 問合せ  
   シックハウス対策について
  「シックハウス症候群」とは、住宅の内装材、生活用品や家具などから発生する科学物質に起因する健康影響を
 いいます。
   住宅内で発生する化学物質が引き起こす症状には「中毒」、「アレルギー」、「化学物質過敏症」などがあり、いづ
 れも、化学物質が体内に取り込まれ健康被害が引き起こされるものと言われています。
   こうしたシックハウス症候群を防止する対策としては、化学物質の発生量の少ない建材を使用すると共に、換気
 により室内の化学物質の濃度を低減させることが効果的です。
   このため、「建築基準法が平成14年に改正され、平成15年7月1日から施行されることとなりました。
 そのポイントは、
 
     @ ホルムアルデヒド対策

          対策1  内装仕上げの制限
          対策2  換気設備の設置の義務付け
          対策3  天井裏などの制限 (発散量の少ない建材の使用又は換気設備の設置等)

  と整理することができます。
    このうち、換気設備の義務付けについては、居室のある建築物を対象として適用されますが、最近やっと、各
  換気扇メーカーで競うように換気設備が出回ってきています。
   第一種換気設備〜第三種換気設備までありますので、その話は換気についてのところで説明いたします。
  ここでは、換気設備が、シックハウス対策には必要なものであるという事を憶えておいて下さい。
   
















i          住宅の事でお悩みがあれば、何なりとお申し付け下さい。
           タッフが、お伺いしベストな解決策をご提案いたします。


那知ホーム
© 2005 NACHIGUMI co . ltd All rights reservde